« 節季と寒気 | トップページ | 月の土地 »

2004.01.16

ゆがんだ世界

images/Dscf0133このところメールの受信量が増えていることが分かった。
昨年までの受信数に比べて150%~200%程の量になっているので、詳しく調べてみることにしました。

サイトに対する問い合わせやリンクのお知らせなどWeb関連のメールや、仕事上のメールなどはさほど変わっていないのですが、ウィルスメールは反対に減少傾向にあることが分かった。

それでは何がいったい増えているのだろう。謎は深まるばかり・・・・

詳しく調べるまで分からなかったのは当然で、受信していることに気づくことのないメールだったからなのです。

今のセキュリティソフトの殆どが迷惑メールを自動的に判別してメールの件名に[[SPAM]]や[[MEIWAKU]]といった文字列を挿入してくれます。
導入直後には迷惑メールでない物をご認識したりしますが、ご認識しないようにルールの設定などが細かくできるようになっているので、使い込んで行くととても効果的に迷惑メールをはじくことが出来るのです。

つまり、メーラーの振り分け機能で件名に[[SPAM]]や[[MEIWAKU]]といった文字列がある物を削除することで、迷惑メールからの不快感をまったく味わうことがないのです。

通常のプロバイダーであればそれで全く支障がないのですが、独自ドメインを取得しハウジングサーバーでWebやメールのサーバーを使用している場合には、転送量によって追加料金が発生することになるのです。

Webの閲覧によって転送量が増える分には嬉しい悲鳴となるわけですが、迷惑メールによって追加料金というのは憤りを感じてしまうわけなのです。

迷惑メールの殆どが宣伝メールであるのですが、書かれているリンク先のサーバーは怪しいドメインやサーバーであったりして詳しい情報も得られないし、中にはウィルスメールのように差出人が詐称されていたり、SMTPサーバーの情報も持っていないため発信元をつかめない場合が多いのです。

どうやら迷惑メールを広告主に代行して発信する業者が存在しているようです。

多くの方が利用するようになったインターネットであるが故に、こうした犯罪まがいのことも平気で犯すような人々も流れ込んできてしまうということなのでしょう。

マイクロソフトとヤフーが迷惑メイル撲滅連絡会という物を立ち上げていますが、その効果も不透明なままとなっています。

世界中で利用者が急増している今、より晴らしい体験ができるように、こうした不条理を少しでも減らして行けるように願って止みません。


今日の写真:堀之内のオブジェクト、なにやらゆがんだ世界のように見えます。(縮小してあります)

|

« 節季と寒気 | トップページ | 月の土地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3024/108812

この記事へのトラックバック一覧です: ゆがんだ世界:

« 節季と寒気 | トップページ | 月の土地 »