« この夏も | トップページ | 灯火 »

2006.08.17

絹雲


Canon EOS 30D / EFS10-22mm F3.5-4.5 USM +CPL
ISO100, Av -1.0EV, F4.0, 1/1600sec., WB:5400K

空の高いところにできる上層雲で巻雲とも書きます。
比較的天気の良い日に見られる雲ですが、この日はスコールのような雨が降る中、海岸線近くではこのような晴天が続いていました。

夏の暑さにそろそろ負けそうなこの時期、涼しげな秋風が待ち遠しくなって来ます。
立秋から早くも1週間が過ぎ上空ではしっかり秋の気配を感じるようになっています。

|

« この夏も | トップページ | 灯火 »

コメント

ときどき拝見させていただいていましたが
あんまりにも雲が綺麗だったので、一言残しておきたくて・・・。
月が好きな私にとってこのブログ、The Moon Age Calender
ともに天国のようなところです。
月の写真もとっても幻想的で綺麗だし、星座と組み合わせた
CGみたいなものとか、もう言うこと無いくらいですよ。
私は写真が大好きですが、今のところ「見る」専門で
「撮る」のは超がいっぱいつくほど下手です。
まん丸に月を撮るためにはやっぱり一眼レフのすごいカメラを
持っていないとダメでしょうか?
撮りたい気は満々なのですが何せ機材が・・・趣味にするには
高額でして。うううぅ。

これからも、写真のUPを楽しみにしています。
ここの写真を見て横浜に行ってみたくなりました。

投稿: 浦田 智美 | 2006.08.19 13:49

コメントありがとうございます。
お恥ずかしい写真ばかりですが、美しいと感じる瞬間をとり続けて行きますのでこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

私も長いこと月の写真を撮ってきましたが、月を大きく撮影することがとても大変でした。
高価な望遠レンズや天体望遠鏡とカメラを接続して撮影するのは経済的にも機械的にも負担の大きなものでした。

デジタルカメラの普及に伴って、高倍率のズームレンズ搭載モデルが比較的手軽な価格になって来ています。
10倍~12倍の光学ズームはレンズ交換出来ないものの、マクロから望遠までそつなくこなしますし、夜景と月を手軽に撮影するのには最適と言えます。

デジタルズーム併用で50倍という倍率も出せますので月だけを視野一杯に収めることも出来ると思います。
テレコンバージョンレンズなどのアクセサリーを併せればデジタルズームを使用することなく撮影可能になりますし、メーカーによっては海外の有名なレンズメーカーと共同で開発しているものもあり、画質もとても良くなっています。

各社から同じカテゴリーの製品が登場していますので、偏りの無いようにご紹介しておきますね。

Panasonic LUMIX FZ7 FZ50
http://panasonic.jp/dc/fz7/
http://panasonic.jp/dc/fz50/

SONY CyberShot H5
http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-H5/

OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ
http://olympus-imaging.jp/lineup/digicamera/sp500uz/

FUJIFILM FinePix S5200
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixs5200/

CANON PowerShot S3 IS
http://cweb.canon.jp/camera/powershot/s3is/


残念ながらニコンとペンタックスからはこのカテゴリーの製品が発売されていないようです。

2世代3世代目の製品が増えて来ていますので、前のモデルなどを狙うのも1つの方法です。
ちなみに私は前のモデルになるCANON PowerShot S2 ISでも夜景や月の写真を撮っています。

kakaku.comなどで新旧モデルの最安値を調べてみるのも楽しいものです。

長くなりましたが是非素晴らしい月写真をお撮りになってブログなどで公開してみて下さい。
多くの方に見て頂くことも写真の上達近道だと思います。

投稿: lunasys | 2006.08.20 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3024/11447068

この記事へのトラックバック一覧です: 絹雲:

« この夏も | トップページ | 灯火 »